丹羽歯科医院

名古屋市北区の歯科,歯周病,予防歯科 丹羽歯科医院

052-981-3866
〒462-0032 愛知県名古屋市北区辻町5-19
Doctors File クリニック・ドクターについての情報はこちら
Doctors File トピックス

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

虫歯の進行

虫歯の進行

【CO】
 初期の虫歯です。歯の表面を覆っているエナメル質にできます。この段階では痛みや水にしみることもなく、まだ歯に穴(実質欠損)もありません。
 この段階では歯を削らずに歯の表面にフッ素を塗布し歯の再石灰化を期待します。早めに発見できれば削らなくても済みますので、自覚症状がなくても歯の表面が白濁したり歯の溝が黒くなったりしたら歯科医院で診てもらいましょう。
C1
【C1】
 COよりも少し進行した虫歯です。この状態でも痛みはあまりありませんが歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯菌によって少し溶かされてしまっています。
 この状態だと虫歯を削って白い合成樹脂か金属を詰めなければいけません。
C1
【C2】
 C1よりも進行した虫歯です。エナメル質の内側の象牙質まで虫歯が及んでいます。この状態になると冷たいものや甘いものがしみたりします。
 基本的には白い樹脂や金属の詰め物で治しますがあまりにも虫歯が大きい場合は被せもので治さなければいけないこともあります。
C2
【C3】
 虫歯の進行が歯の神経(歯髄)に及んでしまった場合です。この状態では歯に激しい痛みが出ることがあります。虫歯菌に感染してしまった歯髄を取らなければいけませんので治療に時間がかかってしまいます。

歯内療法の説明はこちら
C3
【C4】
 さらに虫歯が進行し歯の頭(歯冠)が崩壊してしまっている状態です。通常ここまで虫歯が進行してしまうとその歯は抜かなければなりません。
 当院では歯肉を切除したり歯を引っ張り出すことで助けられる歯はなるべく抜かずに保存します。
C4