丹羽歯科医院

名古屋市北区の歯科,歯周病,予防歯科 丹羽歯科医院

052-981-3866
〒462-0032 愛知県名古屋市北区辻町5-19
Doctors File クリニック・ドクターについての情報はこちら
Doctors File トピックス

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

歯周病

歯周病

 歯周病は歯そのものではなく、歯を支える歯周組織に起きる炎症です。 歯周組織とは歯肉や歯を支える骨である歯槽骨などです。

 歯周病は成人の約80%がなっていて、ギネスブックに世界で感染者の多い感染症と載るほどです。慢性的に進行するので自覚症状を感じづらく、知らない間に進行していることも珍しくありません。歯磨きをしたら出血したり、口臭が気になったり、歯がグラグラしたりしたら歯周病かもしれません。
 また近年、歯周病は心臓疾患や糖尿病などとも関連性があることが報告されています。

 当院では歯周病治療に特に力を入れています。気になる方は一度ご相談ください。

 

【歯肉炎】
 炎症が歯肉に限局している状態です。
 炎症の程度は軽度で、徹底した歯茎の清掃と歯磨きで改善が期待できます。
g
【軽度歯周炎】
 炎症が歯肉を越えて進行している状態です。
 治療としては同じく徹底した歯茎の清掃と歯磨きです。また必要に応じて歯茎の下の感染を除去します。
p1
【中度歯周炎】
 炎症がさらに進行した状態です。
 歯槽骨の吸収が見られ、歯の動揺が見られることもあります。歯茎の清掃と歯茎の下の治療が必要になってきます。
 また、いろいろな条件はありますが、吸収してしまった歯槽骨を再生させるの処置を行う場合があります。
p2
【重度歯周炎】
 炎症がさらに進行し、多くの場合歯の動揺が見られます。
 可能な限り抜歯は避けたいところですが、隣の歯に悪影響を与えたり、治療しても腫れが引かず痛みが頻繁に出るようだと歯を抜かなければいけないかもしれません。
p3